メリット・デメリットを理解しよう

好きな仕事には多きなやりがいや達成感も得ることができる

どんなに好きな仕事でもいいことばかりではありません。

 

楽しいこともあればきついこともあり、時として非常に辛い気持ちを味わうこともあるでしょう。

 

たくさんの期待や希望を抱えて入った職場は理想とかけ離れておりショックの連続になってしまうかもしれないのです。

 

しかしそれでも好きな仕事には大きなやりがいや達成感も得ることができますから、楽ではない作業や気持ちも乗り越えることができるでしょう。

 

アパレル業界は色んな職種でアルバイトを受け入れていますが、どんな雇用形態でも仕事には変わりありませんので、メリット・デメリットをしっかり理解した上で応募してみるといいでしょう。

 

アパレル業界でアルバイトをする事による最大のメリットは、常にトレンドの洋服を安値で手に入れることができ、最先端のおしゃれをできることです。

 

アパレル業界にいるとたくさんの洋服と小物に囲まれていますからそのセンスも急スピードで磨かれていきます

自分磨きに清が入る

人に見られる立場なので自分磨きに精が入り、自分のセンスで選んだコーディネートをお客さまに気に入ってもらえたり、洋服選びで喜んでもらえるのも大きな達成感の一つとなります。

 

またアパレル業界は休みが一般の業界とは異なりますので、自分の休みはどこに行ってもすいていますし、旅行も安い時期に行けるので、ピーク時の半分以下で旅行ができる場合もあります。

 

デメリットは、立ち仕事ゆえの足のむくみや疲れが大きいことでしょう。

 

アパレル業界は華やかな見た目とは裏腹に体力勝負の世界です。

 

この激務に対して給与が安く設定されているところがほとんどで、残業代が出ないところもあるといいます。

 

また正社員で人数が足りているときはアルバイトのシフトは入れてもらえないこともあり、固定で入れないケースもありますので入社前には必ずシフトの詳細を確認するようにしましょう。

 

また売り上げのノルマの精神的プレッシャーがありますので、着たい服ではなく売りたい洋服を着なければ行けない場合があるのも現実です。