販売スタッフはアドバイザーとなる

お洋服に1番近い存在が販売スタッフになる

ファッションは私たちの気持ちを楽しいものにしてくれ、落ち込んだときにでも可愛いものを見つけると元気にさせてくれる力を持っています。

 

ウィンドーショッピングなら何時間でもしていられるという女性はたくさんいますし、新しいお洋服を購入した日には、家で一人ファッションショーを楽しんだことがある人も多いのではないでしょうか。

 

お洋服が好きであれば、いつも可愛いものに囲まれていたいというのは自然な気持ちですので、アパレル業界で働いてみたいと考えたことがある人は多いでしょう。

 

アパレル業界で働くにあたり、一番大切なのはお洋服を好きであるという気持ちです。

 

アパレル業界にはたくさんの職種がありますが、店頭で直接お客さまと接する販売スタッフは直に商品を勧める立場になりますので、アパレルの職種の中でもとても重要なポジションに位置しています。

 

お洋服は企画部やマーケティング部、デザイナーやパタンナーなどたくさんの部門を経て生み出されますが、消費者からしてみればお洋服に一番近い存在は店頭で直接接する販売スタッフなのです。

アドバイザーとなる販売スタッフが大きな存在

消費者の中には確実に購入するものを決めてきているお客さまも存在しますが、詳しい品番まで特定してきている人はごく少数派です。

 

多くのお客さまはなんとなくショップを訪れたり、可愛いものがないかどうかを探しにきている人たちですので、アドバイザーとなる販売スタッフが大きな存在となっています。

 

誰でも一度は販売スタッフに勧められたりコーディネートをしてもらってお洋服を購入したことがあるでしょう。

 

お店で働くスタッフは商品を熟知してそれぞれの特性や用途を詳しく理解していますから、私たちが悩んだときも的確なアドバイスをしてくれます。

 

これはそのお洋服を好きでなければできない仕事ですし、好きであるからこそできる仕事だということができるでしょう。

 

しかしアパレル業界の業務内容は華やかなものばかりではありませんので、お洋服が好きというだけでは通用せず、どんな仕事にもあるように残業やきつい業務もあるということは覚えておきましょう。